やばい!間に合わない!工数見積を見誤ったときのリカバリ方法3選

まぁ、ありますよね、、、。 「あ、やばいっ!」てこと。 同じようなことをいつもやっている定常的な業務であれば工数見積もりは正確にできますが、新規性・不確実性を伴うプロジェクトの工数は「見積もり」というよりも「予測」的な要素が強まります。 そんな状況であっても、可能な限り初期の計画通りに物事を進めるのが…